終末ブログ

いじられキャラの夜空がマイペースに書き綴る日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドジョウとか言うな。


poripu.jpg


ねんがんの ポリプテルスをてにいれたぞ!


というわけでポリプを飼い始めました。夜空です。

今日の朝早く起きて熱帯魚屋に行き、ポリプテルス・セネガルスを購入しました。550円というかなりお得な値段。水槽に入れるときに思いっきり飛び跳ねて床の上に落下して滅茶苦茶焦りましたが、今のところ何とか無事なようです。

環境が変わったからか、今は水槽の端っこで大人しくしています。慣れてくれれば元気に泳いでくれるかな? とにかく、今から育てるのが楽しみ。


スポンサーサイト

アクアリウム


071017_235045_M.jpg



熱帯魚にハマりました。夜空です。

上の画像は先日購入した水槽(60㎝)です。画像ではまだ何も入っていませんが、現在はアカヒレが10匹ほど泳いでいます。
来週になってアカヒレの様子に問題が無ければ本命のポリプテルスを買って、水槽に入れます。
ポリプが入ったらアカヒレは…………。


俺が買った水槽ですが、ろ過フィルターやライトがセットになって6980円のところ、セール中で4980円でした。温度計が150円くらい、温度調節機(サーモスタット)が付いているヒーターは3980……だったかな? で、ヒーターカバーが800円くらい。

決して安い買い物ではありませんね。もっと小さいサイズの水槽ならセットで2980円、3980円のものなどがありますけど、俺の買いたいポリプテルスという魚は最低でも60㎝水槽が必要なんです。


ここ最近は地元の図書館で熱帯魚関係の本を読み漁ったり、ネットで飼育方法などを調べています。
きっかけは彼女の影響からでしたが、知れば知るほど熱帯魚って凄く面白い。様々な魚や水槽、水草などがあり、レイアウトの仕方も自分のやり方次第で無限大に広がっていきます。ここまで奥が深いとは思いませんでした。


魚を飼うためには水を作らなければいけないのですが、初心者が最も陥りやすいのがこの水作りの失敗らしいです。正直、俺も本を読むまで知りませんでした。

最初は水道水にカルキ抜きを入れてすぐ魚を入れるもんだと思っていたんですが、それだと魚がすぐ死んでしまうそうです。
まずはろ過バクテリアを繁殖させるために、魚も水草も入れていない水だけ入った状態で、フィルターを一週間運転しなければいけません。面倒ですけれど、これは魚を飼うに当たって必須事項。

次に魚を入れる際の温度調整。魚をそのまま水槽に入れてしまうと温度差でショックを起こすそうなので、まずは魚の入った袋を30分ほど水槽に浮かべ、水槽の温度に慣らします。
そうしたら次に水槽の水を少し袋の中に入れ、10分ほど様子見。これを三回ほど繰り返して温度差が無くなったら、魚を水槽の中に放します。


本当は水質(弱酸性、中性とか)やpH値などにも気を配った方がいいんですけれど、ここは各自の判断に任せても良いと思います。出費や手間も増えますしね。


本命のポリプを入れたら、またここに画像を載せます。あー、早く買いたいなぁ。家族には絶対「なにそのうなぎ」とか言われるんだろうけど。


わりと大きな仕事


風呂に入っている時、ウルトラマンタロウで一番強い怪獣は本当にバートンなのか、と考えていた夜空です。
いや、絶対コスモリキッドやライブキングのほうが強いって。前者は身体を液体化できるし、後者は肉片からでも完全再生できるし。


この間も書きましたが、俺ももう大学三年生後半です。就職活動しなきゃなんですよね、面倒な事に。
メニュー画面開いてカーソルを移動してボタンを押すだけで手軽に転職できるFFのなんと羨ましき事か。
奴らの世界に就職難という言葉は存在しないのですよ。困ったら盗賊にジョブチェンジすればいいから。でもおたずね者になるという諸刃の剣。家畜に神はいない!


まあそれはどうでもいいんですが、火曜日にゼミを受けるため大学へ足を運んだら事務室の前で「ちょっと、夜空くん」と声をかけられました。

振り向いてみたらあら大変。就職指導室の女ボス、F井さんです。
宝箱を空けたら中から神竜が出てきた時の記憶が蘇りました。

もうすぐ4限が始まるというのに、「ちょっと時間ある?」と一言。
俺には時間も金も名声も権力も無いのに何を言っているんだこの人は。まあそんなFさんマジックはいつものことだからいいとして、もうこの時点でいやな予感しまくりですよ。


っていうか何なんですかね俺は。何でこんなに人から声かけられるんですかね。

05年のオフで上野を歩いていた時は「手相見せてください」と言ってきた人がいました。
去年東京に遊びに行った時は、数人で早朝の渋谷を歩いていたら俺にピンポイントで
「お兄さん、ソープどう?」
と言ってきたオヤジがいました。


次は宗教か、警察関係の人に声をかけられそうな気がします。



ここで断って行かないという選択肢もありましたが、俺は大人なのでちゃんとゼミが終わってから話を聞きに行きました。

どうやら俺に仕事を手伝って欲しいとの事。やたら話を押してくるわりに、肝心の仕事内容とか日時などは全然言わない。

なにこれ新手の詐欺じゃん。



そして今日、再び就職指導室へ行って肝心の手伝いの内容を聞いてきました。

どうやら11月7日に新潟市内で企業の人たちが集まって何かするようなそんな感じのイベントがあるらしいです。うんごめん、ほとんど聞き流してた。

で、そこの受付だとか企業の人に資料を渡したりだとかを俺にやってほしいとの事。学科から一人か二人出て、だいたい五~六人出るらしいです。
場合によっては俺が企業の人に対する学校のイメージになっちゃうかもしれない、とも言われました。


うん、みんなが思っていることは痛いほどよく分かる。
どうして俺がこんな大役に選ばれたのか。





そんなのこっちが聞きたいわ。


いや、ほんとこれ、世界陸上の織田裕二くらい人選ミスな気がするんですけど。
俺そんなに能力高くないよ! 発売直前のFF10-2だってこんなに過大評価されてなかったのに。


夜「あの……何で俺なんですか?」
F井「K先生からいろいろ聞いてるし、それに(以下略」




あ、あの野郎……!!


担当の先生にここまで憎しみを抱いたのは高校三年の時以来です。

ゼミでよく発言してるらしいじゃんと言われたんですが、俺が発言しているんじゃなくて、他の連中が発言していないだけなんです。そうでもしないと授業が進まないんだよ!



バイトのシフトを見てから返事を出すとは言いましたが、どうやら向こうは完全に俺でやる気みたいです。断れないっぽいです。まんまと陥れられちゃいました。テヘッ。


まあとりあえずやります。引き受けます。どうなるか分かりませんが、悪い方向には働かないでしょう。多分。きっと。


Nicejob.


今日バイトから帰ってきてしばらくしてからPCを起動、すっごく気になっていたというわけでもないですけれどまあ見てみるかなという程度には気になっていた亀2号と内藤さんの試合を見てみました。





ボクシングには投げ技はない……。
そう思っていた時期が俺にもありました。



ここまでこの台詞が合う状況が来るとは思わなかったよ。夜空です。

まあ、そんな亀の戦いのことなんてどうでもいいんですよ。もうすぐ俺に迫りくる、というか目の前まで迫っている問題に比べれば。

俺ももう大学三年生、来年は四年生です。
凄いですよね。サイトを開設した時はちよちゃんと同い年(ん?)だったのに、今ではFF7のクラウドと同い年ですよ。


そろそろ俺も旅に出なきゃいけない時期かなぁ。


こう考えるとゲームの主人公の年齢設定がいかに無茶苦茶か分かりますね。十代で世界を救う旅に出ろとか、無謀にもほどがあります。現実では家から出られない十代だっているってのに。


まあそれはともかく、俺も就職しなきゃいけない時期が迫ってきましたよ。
この世界にはダーマ神殿のような超高性能ハローワークはないので、頑張って探すしかありません。


ああ……嫌だなぁ就職活動。


働くのが嫌ってわけじゃないんです。就職活動という行為が憂鬱なんです。だって悪い話しか聞かないんだもの! それこそ昔の漫画編集者並みに悪い噂しか!

不安です。凄く不安です。
あのネズミ男でさえ、ノートパソコンを拾ってそこから大会社に入ってそれなりのポストに着いていました。俺にそんな事ができるのか。というかまずノートパソコンは落ちているのか。


高校時代に『もえたん』をそのまま机の上に置いていたあのNは今、自衛隊という厳しい職場で頑張って働いています。

ドクロちゃんをそのまま貸したら読んでいることがクラス中に知れ渡ってある意味公開処刑を受けた1くんも、かつては名古屋で働いていました。


こういった友人たちの姿を見てきたので、俺も立派な社会人として働かなくてはと思うんですが……何かもう考えれば考えるほど不安になってくる。将来の俺は一体どうなっているのだろうか。



来年はここで、「内定取れました」と言えているんでしょうか。
そうなるためにはまず、俺自身が頑張らないといけませんね。大学卒業と就職は成し遂げないと。

しかし卒業と就職かー……何だか凄く早いな人生って。ちょっと前は高校生だったのに、もうそれらが間近に迫っているんですもんね。年を取ってからの方が人生は早く過ぎる、というのは本当だったのか。

一人っ子(期間限定)


今家にマッチョ弟とケロロ大好き妹がいなくて悠々と過ごしている夜空です。

弟は学校のイベントか何かで東京に、妹は修学旅行で沖縄に行っています。
いいですね、沖縄。羨ましいなぁ。俺のときはバスで大阪とか滋賀まで行ったよ。ホテル代で交通費が底尽きそうだったとかアホなのか俺の母校はwwwwww

そんな教訓が後輩達の代では生かされているみたいですね。先輩一安心だよ。

でもいいなぁ沖縄。行きの空港でお土産買って飛行機の中で耐え切れずに開けたり、イリオモテヤマネコ見つけたり、海人Tシャツを買ったり。
俺が覚えているのは大津プリンスホテルから見た琵琶湖がでけー! ってことくらい。



最近地元の図書館によく足を運んでいます。いい暇潰しになるというか、結構面白い本が多いのでついつい時間が経過してしまう。
今はたまたま見つけた『図書館戦争シリーズ』を読んでいます。

そういえば、昔はラノベばかり読んでいたけど最近は全然読んでいないなぁ。何かあまり読む気しなくなった。バッカーノ! シリーズだけは今も読み続けていますが。

当然だけど人の趣味って変わるもんなんですね。それが長く続くか、短く終わるか。俺にとって一生の趣味と呼べるものはどういうものになるんだろう。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。