終末ブログ

いじられキャラの夜空がマイペースに書き綴る日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穴FAXX


弐寺でFAXXアナザーやってる人がいたので、後ろでじーっと見てました。DDRの譜面は知っているんですが、弐寺Verは見たこと無いんだよね。さて、どんな感じなのか。









    ∩___∩
  | ノ        ヽ/⌒) あばばばばばば
  /⌒) (゚)   (゚) | .|
 / /   ( _●_)  ミ/    ∩―-、
.(  ヽ  |∪|  /    / (゚) 、_ `ヽ
 \    ヽノ /      /  ( ●  (゚) |つ
  /      /      | /(入__ノ   ミ   あばばっあびゃばびゃばば
 |       /       、 (_/    ノ
 |  /\ \       \___ ノ゙ ─ー
 | /    )  )       \       _
 ∪    (  \        \     \
       \_)



あんなの人がやる譜面じゃねー!!


Vアナザーがまともに思えたよ。


スポンサーサイト

若さ故の過ち


妹がケロロ軍曹のカップリングについて熱弁しているのを見て魂がどこかへいってしまいそうになった夜空です。クル×ケロはともかくガル×クルって何だよ全然想像できねぇよ。


最近ちょっと危険な事を考えています。といっても何か危ない事をするとかそういう意味ではなく、オリバト作者として、という事。

完結から二年経った今でもよく、ラブデスの感想を頂いております。それは凄く嬉しいんです。けれど嬉しい反面、昔の自分の文章があまりにアレなもので、それを読まれるのが恥ずかしいという思いもあるんですよね。

俺なんか特にラブデスの前半はほぼ何も考えずノリで書いちゃっている部分がありますから、書き直したいという思いは凄くあります。できればもう一回作り直させてくれ、と(苦笑)


けれどそんな事をしたら二作目が完結できない。三作目で書きたいネタもある。ああもうどうしよう、というふうな具合ですよ。

パーマンのコピーロボットが本気で欲しい……。そしたら同時進行できるのになぁ。


バッカーノ!な一日

気が付けば8月も半分を過ぎていてorzな夜空です。時間が経つのって早いな……。


土曜日は新潟に帰省してきたN、名古屋から戻ってきて以来毎日就職活動中の1と一緒に遊んできました。もはやお決まりとなったイベントです。

まず最初はボーリング。いつもは集まるとすぐにゲーセンだったのですが、今日は趣向を凝らして他の遊びをしてみることにしました。夜はDQNばかりのボーリング場も、昼間に行くとファミリーばかりで和やかな雰囲気です。

そんな和やかな場に現れた怪しい三人組。見るからに浮きまくりです。去年の夏にミバルさんと原宿を歩いた時も「俺浮いてるよなぁ」と思っていましたが、今回もそれに匹敵しています。君の居場所は下のゲーセンだよ、と無言の圧力をかけてくる店員が怖い。


開始前に名前の登録。らきすたを見ていたせいか、この時点でいろいろカオスでした。でもギニュー特戦隊の名前で登録していたDQNもいたので、これはこれでアリだと思います。




070818_110651_M.jpg


ボーリング1ゲーム終了時。


キョン:俺
カガミ:1
SDF:N


奇跡的に俺がトップ。

凄いですよ。もうこれは考えられないですよ。だって普段の俺はこんなにスペア取れないですもん。
あまりにスペアが取れるので新手の死亡フラグなんじゃないかと勘繰ってしまいました。



ボーリング終了後はゲーセンへ行っていつも通り豪遊。ちくしょうNは相変わらず音ゲー上手いな衰えてないもん。1はフルコンマーク多いし……うう、激しく嫉妬。
凄く久しぶりに三人でセッションとかもしてみました。ああ、いいねえこの感じ。この多幸感。この神充。是非ともまたやりたいです。

ところで1くん、俺の選曲でE判定とかどういうことかね。そんなに俺の選曲が気に食わないかコラー! 謝れ! 肥塚さんとGreenLimeに謝りやがれ!



その後はこれまたいつも通り居酒屋で飲んだくれていたんですが、あまりに酔っていて何を話したのかはっきりとは覚えていません。
ただ、Nと1が「こいつほっといて風俗行こうぜ」とか言っていたのは覚えています。ええ覚えていますとも。ちくしょうお前ら俺をノケモノにする気か!

隣の席では893の雰囲気を漂わせる人が飲んでいるというのに、下ネタだのギャルゲーだのの話題がバンバン飛び交っていたような気がします。ほんと、生きてて良かったよね。次からは周りを見て飲もうね。



その後はカラオケへ行き、実にカオスな空間を展開していました。Nはマキシマムザホルモンを片っ端から歌うわ、俺と1はアニソンゲーソンばかり歌うわ、空気清浄化のために作った群青→ロビンソンのスピッツメドレーを1が声優の歌入れて粉々にぶち壊すわ。

カラオケに行くと毎回そうなんですが、次に入った人が見たら間違いなく「うわっ」と言う曲の履歴を作ってきました。これもまた楽しみの一つです。



いつもの事ながら変な感じの一日でしたが、非常に楽しい一日となりました。Nと1と一緒に遊ぶと辛かった事とか全て忘れられるので、皆で遊べる機会がくるといつも楽しみにしています。

あの二人とはいつまでもこういう関係を続けていきたいです。あんなに楽しい時間は滅多に無いですからね。




~おまけ~
その日に心に残った言葉。


・飲み屋の席にて

N「俺は銃弾飛ばしたくて自衛隊入ったんだよ。電波を飛ばすために入ったんじゃねえよ!

俺「お前……何課だっけ?」

N「通信課」



だれが上手いこと(ry


カンランシャ


久しぶりに本編を更新しました。夜空です。
実は先日彼女と遊園地に行ってきました。車でちょっと走ったところにある小さな遊園地です。ナイターで行ったので、なかなか夜景が綺麗でした。夜の遊園地なんてあまり入る機会が無いですからね。

入園して最初に乗ったのが観覧車だったんですが、この時の時間が午後6時ちょっと過ぎくらい。太陽が沈みかけ、いい具合に夕焼け空になっているところです。


さて、ここで皆さんは何かを連想しませんか?

遊園地、夕焼け、観覧車、男女二人。
オリバト界にいる方なら、思い浮かぶものがあるはずです。


そう、東亜的英雄伝さんの二作目のラストシーンです。


ひょっとして鞄の中から銃とか出てこないよな、とか変なことを思っていましたが、どうやらそれは考えすぎだったようです。



彼女「ねぇ、夜空がここから落ちたらどうなるかなあ(ニコニコ)」



そう、考えすぎだったようです。

殺られる側は俺でした。




さて、ここから先はちょっと変な話。
前々から気になっていた事について書きます。

ずっと前に知り合いの大学生に聞いたのですが、日本人は他の国の人々と違って、「平均」だとか「凡庸」を好むと言われているそうです。ゲームなどでよくあるステータスのように、「攻撃・防御・素早さ・賢さ・運」の全てが平均的に整っているものが好きだそうで、劣っている部分や弱点があるとそこを補おうとするそうです。

短所が霞んでしまうほど長所を伸ばす、というやり方もあるのに、日本人は何故かバランス良くしたがる。どんな状況にも対応できるようにするため、という事だと思われますが。


で、これが「普通」という概念とどういう関係があるのか。


これは俺の主観というか個人的な意見も含まれていますが、日本人って先程書いた「バランスが良い」などの要素が好きなくせに、突出した能力が無い、面白味に欠けたりする人を見ると「お前って普通だよな」とか言いますよね。

ここで「普通でも良いじゃん」と言うと、大体決まって「えぇ~」とか言われます。


……あれ? これっておかしくないですか?


普通とは特筆すべき属性を持たない状態のことを言います。これってつまり、オールマイティとか応用力に富む、という事と似た意味だと思うんです。


なのに何故、普通という言葉に対してあまり良いイメージを抱かないのか。ゲームや漫画の主人公って大体ステータス的に見てオールマイティタイプが多いですよね。これってつまり普通って事じゃないですか? 普通もオールマイティも同じような意味なのに、何故ここまで目立たないのか。

世間一般では何らかの長所がある人が脚光を浴びているのに対し、普通の人はあまりに報われていません。活躍しない、不遇の扱いを受けない、という変化の無い状態ならまだ分かりますが、何故普通だからといって「君って普通だよね~」とか半笑い者にならなければいけないのか。どうも分かりかねます。何か納得できないんですよ。


何が言いたいのかと言いますと、普通というものは笑いものにされるべきではない素晴らしい特性だという事を言いたいわけです。

普通って言うのはね、素晴らしいんですよ。ジョジョで言えばクラフト・ワーク(スタンドの強さが普通)、ガンダムで言えばガンダムMkⅡ(機体の強さが普通)、三國無双で言えば劉備、サッカーチームで言えば清水エスパルス、野球球団で言えばヤクルトスワローズ、ポップンの難易度で言えばトランスH、ハルヒで言えばキョン、ブラウザで言えばFirefoxなんです。

どうですか、この早々たる顔ぶれ。話題に上らないことはあっても、決して馬鹿にされるべきメンバーではないでしょう。もし貴方がMkⅡだったとして、ネモあたりに「MkⅡさんって機体性能普通すぎッスよね(笑)」とか言われたらどうですか。ぶん殴りたくなるでしょう?


普通こそなにものにも変えがたい素晴らしい特性なんです。もっと誇るべきなんですよ! 俺だって人間のステータスを十段階で数値化したら絶対5はありますよ。FFTでいうところの弓使いくらいの活躍はできるはずなんです! 成績表が全部3だったことがあって何が悪いんだよ! テストのクラス順位が38人中19位だった事があって何で悪いんだよ! 良くは無いけど悪くも無いはずなのに、何でそんな微妙なものを見るような目で見るんだぁーッ!!



ちょっと気になったことをこうして文字化してみたわけですが、我ながらなかなかおかしな事を考えているな、と思った。


だーるまさんが……。


久しぶりにオリバトを更新しました、夜空です。遅くなってゴメンなさい。
まだ生徒データなどの細かい所までは更新していないんですけれど、そこは後日直しておきます。


友人から聞いた話なんですが、お風呂に入る前に「だるまさんがころんだ」と言ってはいけないそうです。

何でかというと、お風呂は水場なので霊を呼び寄せやすい場所なんです。で、お風呂場で髪を洗っている姿が、「だるまさんがころんだ」の時のポーズに似ているため、その言葉を言ってしまうとより霊がきやすくなってしまうんだとか。


気になった人はやってみてください。俺は怖いのでやりません。別に幽霊がというわけではなくて本当に出てきたら嫌なんでやらないだけです。本当です。


今日(18日)はN、1と豪遊してきます。よーし、久しぶりにハメはずしちゃうぞー。


妹、恐ろしい子……!

夏休み夏休みというけれど、休めていないのは気のせいだろうか。

昔に比べて8月でも学校に通っている学生が多くなったと思っている夜空です。冷房が無いとこの暑さで勉強とか非効率的なのでは……。



フォルダ内の整理をしていたら懐かしの日記(04年)が出てきたので、久しぶりに読み返して見ました。

どれどれ。



…………( ´ω`)


…………( ´・ω・)


…………( ゜Д゜)



あー、これはヒドイ。



何かもう酷すぎて見るのが辛くなってきました。こりゃにゃんチュウじゃなくても「これはひどい」って言うよ。いや別ににゃんチュウに限定されているわけではないんですけれども。

この頃はサイト開設した年ということもあって、勢いだけで突っ走っている感じが強いですね。
日記のネタも完全に見る人のことなんて考えていません。無視するどころかひき逃げしているレベルです。

できることなら当時に戻って「この中二病がぁ!」といって俺自身を殴ってやりたい。


ああでも、今も若干中二病か。




ちょっと前までは愉快な言動で日記のネタとして活躍していた我が妹ですが、最近ここの日記ではご無沙汰。

別にキレが悪くなったわけではないんです。変なことを言う機会は少なくなったんですが、

一撃の破壊力が増しているだけです。



妹「兄ちゃん、私はやく”オヌヌメ”って使いたいんだけど。面白くていいよねーオヌヌメって。ああはやく日常生活で使いたいなぁ。オヌヌメ、オヌヌメ」



気がくるっとる( ´・ω・)



あまりの発言に「何だこいつVIPで安価でもしてんのか」と勘繰ったんですが、どうやら素で言ったようです。

VIPに精通していた妹ですが、最近ではジョジョや他の分野の知識までも吸収し、手の出しようが無い究極生物へと近づいています。

ただ、なかなか部屋から出てこないのが玉に傷



先日の実写版はだしのゲンが放送された時だって、誰よりも速く携帯から実況版を見ていました。


妹「兄ちゃん、ギギギってなに?」


ギギギはお前……ギギギだよ。


俺「ジョジョで言う”ゴゴゴゴゴ”みたいなもんだ」
妹「ディ・モールトグラッツェ」


もうこの時点で俺はギブアップ寸前でした。

何でこんな子になっちゃったんだろう。何でこんなに俺と話が合うんだろう。
っていうか俺のせいか? 俺のせいなのか? 夜空家のヲタの遺伝子がそうさせるのか!?



妹「兄ちゃん兄ちゃん」
俺「んー?」
妹「朴さん専用スレが立ってる」



/(^o^)\ナンテコッタイ



携帯をどこに置いたか忘れた時は教えてくれないくせに、ニコニコに絶望先生がUPされた時やこういう時にこんな情報を教えてくれる妹に感動した。



妹「しかも2スレ目だよ」



どうでもいいんだよそんなことは。

朴さんのスレが何スレ目までいこうとどうでも良いんだよ。俺が気になってんのは何で家の中だとそんなにエースパイロット並の実力を発揮すんのかってことだ! お前外出ると無力になるだろうがぁああああ!!



妹「あんちゃんあんちゃん、わしゃうろんが食べたいよwwwww」








ごめんなさい俺の負けです__/ ´ω。_





ちなみに、今日の昼食はうどんでした。


SUN/光線


皆さんお久しぶり……ですね。一週間ぶりですね。管理人と名乗って良いのか自分でも危うくなってきた夜空です。


さて、皆さんは夏をどのようにお過ごしですか? 俺の弟のように暑い中外で頑張っている方もいれば、俺の妹のように冷房の効いた室内でニコニコを見ている肩もいると思います。

それぞれの夏のすごし方。正解なんてないので、思う存分夏という季節を満喫してください。


まあ俺は夏嫌いですけどね。


だって暑いし、汗かくし。



俺はというと8月突入直後から、彼女と海で遊んで彼女と花火をして彼女と地元の花火大会を見に行っていました。これで昆虫採集でもしに行けば夏の遊びフルコースです。

友人は俺の一連の行動を知り、「夜空さん王道好きだねぇ」と笑っていました。

王道が好きとか言っていますが、何で夏にわざわざトンチの効いた行動をせにゃならんのだ。

夏には別に審査員なんていないんですよ! 8月が終わって9月に入るとどこからか審査員が現れて、「カキ氷食べたり週末にはかならず海か山かぁ。ちょっと行動がパターン化されて面白くないねえ」とか評価されないといけないんですか。そんな決まりがあったら俺はこの国を出る。



海へ行ったせいか、俺にしては珍しく日焼けしてしまいました。例年ならば焼けて腕が少し程度なのですが、今年は上半身が浅黒くなっています。
俺が日焼けしているのはやはり珍しいのか、バイト先の方々から「どこか行ったの?」と声をかけられました。

そんな中で俺の妹は「彼女にあぶられたか」と、相変わらずどこかおかしい発言を見せてくれています。
っていうか絶対こいつWikiで拷問の事について調べたことあるだろ。


盆にはNが帰ってくるので、成人式ぶりに一緒に遊べます。
今回はゲーセン以外のところでも遊んでみようかなと計画中。そして多分ボーリングになる可能性が高し。


ぼくらの感想

何か唐突に明日海へ行く事になった夜空です。
タイミングが良いことに今日買った「ぼくらの」7巻でも、「せっかくだから、このまま海行きたい」というセリフがありました。まあ向こうは冬でこっちは今夏なんですが。

というわけで明日は車飛ばして海行ってきます。多分磯遊びがメインになるかと。
運動とか力仕事の分野ではZガンダムのジェリド並に無力さを発揮する俺ですが、泳ぎだけは人並みくらいにはできます。これも幼少時代に通っていたスイミングスクールのおかげかな。でもここ数年全く泳いでいないので、久しぶりに全力で泳いでみたいかも。



冒頭でも触れましたが、「ぼくらの」7巻を買いました。新潟市内を巡る事になるかと思いきや、地元のTSUTAYAに一冊だけ入荷があったのでそこで購入。というか入荷が一冊って……ナメてるとしか思えない。


7巻はコモ編の後半とアンコ編の最終話以外を収録。

娘を殺した世界を見捨て、相手の世界を助けるか苦悩する男。
世界を助けるために、娘を殺すことになる男。
家族と仕事の狭間で揺れる男。

7巻は主人公である子供達の他に、「父親」がストーリーの主軸として進んでいきます。
そしてジアースの存在も徐々に公の場へ明かされていきます。パイロットとして知られる事がどういうことなのか、自分たちが世間的にどういう立場に置かれているのか。子供たちはその事実を目の当たりにします。


アンコ編だけは予備知識だけ豊富だったので、かなりドキドキしながら読ませていただきました。
あの蜂はかなり強いですね。決定力に欠けますが、ヒットアンドアウェイを繰り返していけばほとんどの敵に無傷で勝てるのでは? バヨネットとこいつが戦うと凄まじい空中戦闘になりますね。

アンコが言った「みんなって言っても、少なくなっちゃったケド」という言葉。1巻の時は15人だったのに、今では未契約のカナちゃんを入れても5人。本誌では4人になっています。ストーリーが進むにつれて人数が減っていくのは当然なんですが、なんかかなり寂しい言葉でした。

っていうかあの終わり方はないだろ……先が気になりすぎる!
このまま半年待てとか本当地獄なんですが(汗


前々から思っていたけど、作者の見開きの上手さと書き込みの凄まじさは異常。モジ編のラスト、キリエ編のメガネ子が手を差し出すシーン、そしてアンコ編の海岸でのシーン。そのどれもに言えるんですが、本当に「絵」そのものが迫力を持って目に飛び込んでくる。見開きページというもの利点を最大限に活かしている、これこそが見開きのお手本と言えるような書き方だと思います。




話は変わってアニメ版。

ニコニコで16話を見ましたけど、本当に前回の話いらなかったな(苦笑) 監督さん、ストーリーぐだぐだにして視聴者がっかりさせてどうすんだよ!

今回はキリエ君が覚醒してます。グレンガランに出てきそうなロボットをフルボッコ。今のキリエ君なら間違いなくカツよりは強いでしょう。

前半はちょっとダルかったんですけれど、後半からラストはまさに怒涛の展開。今までの謎のいくつかが明らかになったり、また新たな事実が明かされたり。
火炎瓶の人は首相がわの人間と考えて良いと思いますから、首相サイドの人たちはジアースレポートが公にされないようにああいった行動に出たのかと思われます。となるとパイロットの暗殺計画とかも秘密裏に進んでいそうですよね。実際襲われたし。

来週のパイロットは原作とは順番が異なり、あの子に。次回予告でチラっと映っていた敵のキモさが異常です。ゲジゲジを二足歩行させた感じ。どういう攻撃方法するんだろう。
次回予告を見る限りだと、誰かに頼るばかりではなく、自分の力だけでなんとかしなくてはいけない、というのが話の主軸なってくる予感。最近は大人がメインの話が多かったので、来週は子供のたちの描写が多くなることを願っています。


16話はストーリーに動きが目立った部分だったので、楽しんで見ることができました。15話を見終わったときは「アニメ版終わったな」と思いましたけれど(苦笑)


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。