終末ブログ

いじられキャラの夜空がマイペースに書き綴る日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ですが


アンインストールが頭の中でリピートしまくっている夜空です。
やっぱりどこを探しても、『ぼくらの』の漫画が見つかりません。4巻と5巻は見つけたのですが、俺が読みたいのはドラム様が登場する話と6巻なのですよ。ああもうネカフェかアマゾンしかないのかなぁ。これだから中途半端な地方都市は嫌だ。


凄い今更な感じですが、mixiはじめました。こことは名義が違うのでたぶん見つからないと思います。
まあまだ始めたばかりなので、どうなっていくのかはこれからですね。向こうの日記もここの日記みたいに変なテンションでやっていくつもりですw


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

世界的日記


何だか最近家庭での居場所がない気がする夜空です。
「ただいまー」と言って帰宅してもびっくりするくらい反応がないんですよね。顔を向けようともしないし。まあいつもというわけじゃないですが
間違ってネウロの匪口家に入った覚えはないんですけどね。


さて皆さん、おおきく振りかぶってという漫画はご存知でしょうか? アフタヌーンで連載されている野球漫画なのですが、最近この漫画が熱すぎる。今最も旬な漫画、と言っても過言ではないでしょう。

試合だけではなく、メンタル面やトレーニング内容、生徒一人一人の感情をちゃんと描写してあるこの作品は連載当初から人気が高かったのですが、最近アニメ化して、より勢いに拍車が掛かっています。
トレーニング内容なども理論的で説得力があります。「お前それドンキで買ったの?」と言いたくなるようなギブスが出てくる某漫画とは対極的ですね。


そんな本作品ですが、個人的に注目しているキャラが二名ほどいます。
先に言っておきますが主人公ではありません。


まず一人目は2番でセカンドの栄口くん。野球部副キャプテンで内野のまとめ役でバントの名手でもある彼ですが、彼の魅力はなんと言ってもその世界的なポジション。

彼の世界レベルっぷりが披露されたのはアニメでの三星戦。バッターボックスへ立ったと同時に、


「1番、世界の栄口くん」


という高校野球では考えられないような放送が。
いやー驚きました。神経性の下痢を起こしていた彼がまさか世界レベルだったなんて。

え? セカンド・栄口くん、を聞き間違えているんじゃないかって?



……ハァ。



君、ちょっとそこに座りなさい。いいから黙って座りなさい。
あのねぇ……この夜空くんがそんな初歩的なミスを犯すわけないじゃないか。どこぞのクソレフトじゃないんだから。
彼の世界的さを知らないからそんな事が言えるんですよ。栄口くんのバントの上手さはまさに世界的。あまりに世界的なバントなので、本誌で今戦っている相手に「データがないから、こいつだけはどう打つか分からない」と言わしめたほど。

さすが世界的な人物はレベルが違います。データを取らせないということも考えて試合をしている模様です。
あの爽やかな笑顔は、俺はバントでホームラン打てるという意思表示。世界的すぎて言葉もありません。

まあ実際、このチームで一番成績を残しているのは1番(泉くん)と2番(世界的な人)な気がしますけど。



そしてもう一人は監督の百枝まりあ。通称モモカン。
彼女の魅力は言うまでもありません。美人・巨乳・キャラクターの良さ。
人気投票をすれば上位5名には間違いなく食い込んでくるでしょう。1位はもちろん世界的な人。

このモモカンの話題が東京で暮らしている某友人との間で出たのですが、共通の意見が



あの握りつぶした甘夏ジュースを飲みたい


というものでした。

なーんだ、みんな考えることは同じなんですね。俺だけかと思ってビクビクしちゃったよ。じゃあ君もモモカンにケツバットされたいとか思っていたんだね!




友人「え…………」




ドン引きされた。




何なんだよその自分だけは普通ですって声は!
焼酎のドデカイ容器にカルピス入れて俺に出す時点でお前は普通じゃないんだよ! 5リットルのカルピスなんてあれからお目にかかったことないよ!


最終的に何が言いたいのかって、おおふりは面白いから買えってこった。


これはひどいネタバレ


俺は今、毎週土曜日に学校へ行って勉強しています。というのも7月に販売士検定の試験がありまして、そのための対策ですね。
まあぶっちゃけ面倒くさいしバイトの稼ぎが減って痛いことこの上ないんですが、そうも言っていられない事に気付きました。
就職活動を視野に入れておかなければいけないのに、俺はほぼノーライセンス。資格を全然持ってない。
こりゃさすがにヤバいかなーと思って、役立ちそうな販売士検定を受ける事にしました。


ここまでは良かったんですよ。ここまでは。


数時間前、東京にいるギャンブルとカルピスが大好きな某友人から電話がきました。


友人「お前販売士検定受けてるんだって?」
夜空「うん」

友人「あれめちゃくちゃ簡単だぞ。俺高校の時取った」



( ゜Д゜)



試験控えている奴にそういうこと言うなよ……( ´・ω・)

何かもう一気にやる気なくなりました。中学の時、リリーのアトリエを借りに友人宅へ行ったら、その友人が俺の目の前でゲームをクリアしやがったのと見たときと同じ心境です。

俺はこれから一ヶ月以上も、テストが凄く簡単だという授業のために学校へ行かなければいけないのか……。

でもこんなこと言っておいて本当に落ちたらシャレにならないですね。ちゃんと勉強しよっと。






070520_124946_M.jpg



イモリを飼い始めました。近くのショップで道具を一式購入して、現在順調に育てています。
最初のうちは環境が変わって怯えていたのか、あまり餌を食べようとしませんでした。けど今は俺が餌をやるとすぐにパクッ、と食いつきます。この餌を食べる瞬間がなかなか可愛い。
水槽のレイアウトもしたくなってきたので、最近は熱帯魚や爬虫類、両生類の飼育方法について調べています。トカゲならアオジタトカゲを飼ってみたいのですが、さすがに家族の反対がありそうなので無理だろうなぁ( ´・ω・)

熱帯魚ならポリプかコリドラスを飼ってみたいですね。コリドラスは初心者向きの熱帯魚だそうなので、俺でも飼育が容易かも。


そういえばうちの母は熱帯魚にヒーターが必要だと知った瞬間、「魚の癖に生意気」と言っていました。個人的に名言だと思っています。


ぼくらのDoomsday


販売士検定ってのを受講してみたけどしょっぱなから挫折しそうな夜空です。教科書厚すぎ数多すぎwwwwww


なんか最近『ぼくらの』にハマりまくってます。新潟市と隣の市を駆けずり回って、何とか4巻と5巻を読むことには成功しました。漫画喫茶とかいけば簡単に読めるよなと気付いたのは今日の夕方。ぎゃふん。

アニメ版も次回が待ち遠しくて仕方ありません。もう何度OPを聞いたことか……。
アンインストールは良曲ですね。耳に残る声、というのはこういうことを言うのかも。



皆さんはもうご存知かと思いますが、当サイトが17日をもってアクセス数10万件を超えました。世界規模で言うとモロッコくらい辺境の地に位置するこのサイトもついに10万件突破ですよ! これも日々訪れてくれる読者の方々のおかげですね。

皆さん本当にありがとうございます。よろしければこの先も変わらずお付き合い頂ければ幸いです。


でも改めて考えると凄いですよね。だって10万ですよ10万。これだけでもう街が一つ出来上がりますよ!
アルビレックス新潟だって一試合では10万人なんて集める事ができない。そう考えると10万という数がいかに大きい数なのか実感できます。

でもまだまだベテランの方々には及びませんね。ふと若丸さんの所を見てみたら累計約58万……。10万で喜んでいた俺が何だか寂しく感じてしまいます。
しかし凄いですね。俺がこの数字を目指すとしたら、あと10年は必要になりそうです。


俺もCGでキン○マを消す作業をすれば、アクセス数が増えるのでしょうか。


そんなことしてたら今頃AV会社のサイトがとんでもないアクセス数になっていそうですが、ああいった会社は何もしていなくても勝手にアクセス数が伸びていきそうな気がする。




今日の授業があまりに暇だったので、うちの生徒たちを『ぼくらの』の登場人物で例えると誰だろう、と考えてみました。


・マキ→黛真理
勝気で男勝りな性格、他人を引っ張っていく素質などから、マキと真理は通じるところがあるなと思いました。軍事関係に詳しいというのもポイント。


・カナ→井上凛
口数の少ない大人しい性格なので、カナのポジションは凛。普段は大人しいけれど、言う時はちゃんと言いそうな二人。


・ウシロ→浅川悠介
真冬にするかどうかで悩みましたが、悠介で。キャラ的にも似ていますからね。


・カコ→吉川秋紀
正直なところ、カコ役を決めるのが一番難しかった。一番人間くさい奴という事で、散々悩んで秋紀に。


・キリエ→桐島潤
男性版カナというイメージだったので、浩介にするか潤にするかで迷いました。っていうかキリエに合うキャラって、うちじゃいないような気が……(苦笑


・コダマ→真神野威
現実主義、冷静さと非道さ。この二人は考え方が非常に似通っていますね。


・コモ→夕村琉衣
これも決定するのが難しかったです。大人しめのキャラなので涼音も候補に上がりましたが、しっくりくるのは琉衣の方ということで。


・アンコ→村崎薫(チカユメVer)
これは薫かつぐみの二択でした。非常に迷ったのですが、幼さの部分から考えると薫が適任かなぁ、と。


・ナカマ→茜ヶ崎恭子
これは即決。他に候補が上がりませんでした。


・チズ→琴乃宮涼音
刹那にするかどうかで迷いました。ビジュアルで言えば刹那ですが、チズのうちに秘められている暗黒性は涼音でないと表現できないですね。


・マチ→高梨亜紀子
これは悩むというか、困らされた選択です。ネタバレになるので言えませんが、もし(原作の)彼女がそうだとしたら、いろいろ企んでいそうな亜紀子が似合うな、と思いまして。


・モジ→深山真冬
整った外見、頭の回転が早いなど、共通項が多い二人。リーダーというより、ナンバー2のポジションですね。


・ダイチ→中村和樹
いや、別に運が悪いとかそういうのでは(汗)


・カンジ→鏑木大悟
アニメ版のカンジがやたらと良い人だった(笑) 頼りになる兄貴分、ということで大悟がピッタリ。


・ワク→山田太郎。
やって、やんぜぇ! の台詞が似合うのは太郎でしょ(笑)




ざっと挙げてみました。こうして改めて見てみると、まとまりがあるんだかないんだかよく分からないチームですね(苦笑)

原作で生き残っているメンバーで考えると、なんかもうチームとしてやっていけるのか不安なメンバーに(汗) あいつが抜けて三人になったらトラブル多発しそうだな……。


テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

ぼくらの

サイトが10万Hit間近という事でwktkしている夜空です。
これで自分が10万踏んだとかいうことになったらシャレにならん(汗



下の画像は地元のドンキで見つけたものです。これを見た瞬間、俺の魂が全力で反応したので思わず撮ってしまいました。

070515_193924_M.jpg



はい、皆さんもうお分かりですね。そうです、ジョジョの台詞をパロってます。こんなことをやるのは秋葉原にある店か大亜門さんくらいだと思っていましたが、ここの店もなかなかやるじゃないか。

ちなみにこの商品の隣には、最初からクライマックスだぜ!と書かれた宣伝用の紙が。ただのオレンジジュースだというのに、何でそんなハイテンションな宣伝方法を(苦笑




ニコニコ動画を見ていたら、結構面白い作品を発見してしまいました。漫画もあるようなんですけれど、こちらは現在探し中。なのでアニメ版で我慢しています。

そのオススメしたい作品とは「ぼくらの」というタイトルのアニメ。15人の中学一年生の少年少女が、近未来の日本を舞台にして繰り広げるハートフル(嘘)アニメです。


このアニメは、簡単に言ってしまえばロボットを使っての戦闘モノです。ただしガンダムとかそういったものとは異なり、戦闘だけがメインというわけではありません。

15人の子供たちはココペリという謎の人物に「ゲームをしないか」と話を持ちかけられ、”地球を襲ってくる15体の敵から地球を守る”という目的の元、契約をさせられてしまいます。

敵は一回の戦闘につき一体だけ出現します。戦闘時には契約者全員がジアースと呼ばれるそのロボットに登場しますが、メインパイロットは毎回ランダムで選ばれる一人だけ。他のメンバーは見守る事しかできません。


そしてこれがこの作品の最大のキーポイントなんですが、ジアースのパイロットは戦闘終了後、必ず死んでしまいます。パイロットに選ばれて闘う=死ぬということなのです。
じゃあ闘わなきゃいいじゃん、ということになりますが、世の中そううまくはいきません。戦闘開始から48時間経過、または戦闘敗北で全人類もろとも地球が滅亡してしまいます。
戦闘終了後、次に選ばれる子供は神の声のような啓示を受けます。これにより、もうすぐ訪れる自分の死と向き合わねばなりません。


最初に知った時は驚きました。戦闘は全部で15回。子供たちは15人。つまり、最終的には誰も生き残らないんですよね、これ。子供たちには闘って死ぬか、地球もろとも死ぬかの二つの選択肢しかないということで。

だいたいどの作品にも助かる方法、希望が残されていますが、現時点まで放送されているアニメ版を見た限りではそれがない。思い切ったくらいに、救いが残されていないのがこの作品の大きな特徴です。


子供たちの性格、置かれた環境はみんなそれぞれで、全員が全員の人生を歩んでいます。そんな中で突然突きつけられる死。それを前に子供たちはどう行動するのか。存在意義を見出せず死んでいくもの、狂乱状態に陥るものなど、これは様々です。



これは自分が久しぶりに見た先が気になるアニメでした。思わずマンガ版を探し回っちゃうくらい。俺はニコニコで見ましたが、ようつべなどにも上がっているかもしれません。

興味のある方は是非、一度ご覧になってみてください。オススメですよ。


Blogのスタイルを考えよう


こんばんは。風邪でしばらくぶっ倒れていた夜空です。別に五月病だとかBlog書くの面倒くさかったとか家にいた記憶がないとかじゃありません。ここ数日の俺様は素晴らしくハイスペックな自宅警備員でした。なにせ布団という名の砦から出ませんでしたからね。いちご100%ならぬ地の利100%なんつってワハハー!



……コホン。



はい、それじゃいつも通り日記を始めます。

ここまで書いて思ったんですけど、いつも通りの日記ってどういうのなんですかね? いやーほら、ここ最近まともに日記つけてなかったから分からなくて。
HP開設したての頃であれば適当に下ネタまじりの日記書いていたんでしょうけれど、いろいろとあっただけに同じ手を使うわけにもいかない。


いつも通りの日記……。

いつも通り…………。

…………。




7226cf2c.jpg


俺のいつもって何だっけなぁ……。


何ということでしょうか。ついに自分がいつもどんな日記を書いていたのかまで分からなくなってしまいました。更年期障害……じゃないよねきっと。

いや待て。落ち着くんだ夜空。お前はCOOLだ。このくらいでへこたれるBOYじゃないだろ。もうすぐ21だけどそこんとこは気にしないで僕の心はいつでもセブンティーン。

そう、いつもの日記の形を忘れたからといって慌てる事は無いんですよ。ここは発想の転換。一度ゼロにして全く新しい形の日記を立ち上げればいいんだ!

終末とか銘打っておきながら新しいものを生み出すとかぬかしている矛盾っぷりですが、そこんとこは気にしないで下さい。



そういうわけで、このBlogの新しい形態を考えましょう。世の中にはいろいろなBlogがありますが、我が終末Blogはどんな形を目指すべきなのか!


1.個人ニュースBlog
2.批評Blog
3.良スレ紹介Blog
4.ネタ系Blog



俺がパッと思いつくものでいくつか挙げてみました。では早速、一つ一つ考察してみましょう。


まず最初の個人ニュースBlog。これはBlogの中で様々なニュースを紹介するBlogですね。様々なジャンルのものを紹介するBlogもあれば、ゴルゴ31さんやかーずSPさんなどのように、二次寄りのニュースを紹介している所もあります。

これはなかなか良いかもしれませんね。その日に起きたオリバト界のニュースを紹介するとか、更新されたサイトさんを紹介するとか、手を加えれば面白いBlogが出来上がりそうです。
ただ問題は、Blogにかかる労力が今まで以上になるということなんですよね……。ただでさえ本編が停滞気味だというのに、毎日行うとなると……。これは要検討ですね。でも結構面白そうかも。


続いては二番目の批評系Blog。映画批評とか漫画批評とかのBlogがありますが、それのオリバト版だと思ってください。オリバト界には完結未完結合わせて膨大な量の作品があるので、批評をするとなると書き応えがありそうです。


続いては良スレ紹介系。これは2ch系のBlogですね。カジ速とかニュー速クオリティとかアルファモザイクとかイミフとか。
これのオリバト版となると……オススメ作品紹介とか、apcで賑わっている、見ごたえのあるスレを紹介するということになるんでしょうか。ただapcと2chでは人口に大きな差があるので、更新頻度が限られてしまいそうな予感。


そして最後はネタ系Blog。ぶっちゃけ今までとそう変わらない感じです。でもまあネタと銘打つのですから、今までよりも企画物を増やすことになりそうですね。単発企画にしろ、コイントストーナメントのような続き物にしろ。




うーん、挙げてみたはいいけど一つに決められなくなってしまった。いや、っていうか別に一つにする必要ないんですよね。テキスト(日記)+批評とか、そういうのも可能なんですよ。
そうなると上に挙げたもの全部を含めばかなり質の濃いBlogが完成しますね。更新は大変そうですがリピーターには期待できますよ。



ん……待てよ?


上に挙げた要素全部……。



・ニュース
・批評
・作品紹介
・ネタ
・テキスト(日記)






rakutan.jpg



みかどさんのBlogじゃんか……。



つくづくあの人は偉大だなと思った。


情報管理は厳重に


よく考えたらここ三日間くらい弟と喋っていなかった夜空です。

なんかもう家であまりパソコンできないから、開きなおって大学でBlogを書くことにしました。空き時間をうまく利用して更新するという、地球環境にも優しいエコライフ。
フフフ、伊達にゼミで環境問題に取り組んじゃいませんよ。ドイツの文化を学びたいなと思っていたのに、気が付けば環境問題のレポートを書いていたりしますがそれは気にしない。



昨日、バイト終了後にN&Sと合流し、地元のガストでダベっていました。3日の成人式の日に三人で遊ぶ予定だったのですが、S君が同窓会会場のトイレで篭城したらしく、この三人で遊ぶ時間がなかったわけですよ。
いくら現在職がないからって何もトイレにまで引き篭もらなくてもいいと思うんですが、まあそれはともかく。

でもっていざ三人で合流してお喋り開始。とりあえずドリンクバーとみんなで食べれるような料理を注文する俺とNを尻目に、一人だけドリアを注文するS。


さすがSです。デスノートの松田並の空気の読めなさです。


料理が届いたら案の定一人で食べ始めました。まあこれを分けてこられても俺は遠慮しますが、何こいつは一人でドリア食べてるんでしょうか。俺だってうどんとか食べたかったのに。

何が悲しいって、バイトしている俺よりもSの方が金持ってるってことなんですよ。

コツコツ貯めていた俺のお金はサイドミラーの修理費で消えました。まるでマジックです。トランプマンを呼んだ覚えはないんですけどね。


ち、ちくしょう! 何なんだよもう! お前なんかすっぴんのくせに! ナイトとバーサーカーしかマスターしてない状態のすっぴんのくせに!


しかし修理費は自業自得なので八つ当たりしても始まりません。俺はドリンクバーの飲み物をいくつか合成したドーピングガストドリンクを飲みながら、ドリアを貪るSを眺めています。
ああちくしょう美味そうだな。あのドリアに針とか入ってないのかな。



先日の成人式のこととかで喋っていると、NとSがアクエリアンエイジというゲームのことについて語りだしました。
アクエリアンエイジとはもともとカードゲームなんですが、最近アーケードゲーム化されたようです。三国志対戦などに代表される、カードプレイが反映されるタイプ。最近のゲームはハイカラになりましたねぇ。

肝心のそれがどういうゲームなのかといいますと、簡単に言ってしまえばギャルカードゲーです。詳しく知りたい人はググってください。

そのゲームのことについて二人は語っていたのですが、何をトチ狂ったのか二人は自分のデッキを取り出して見せ合い出しました。状況を確認しますがここはガストです。夜とはいえそれなりに混んでいます。
そんな中でモロにそっち系のイラストが書かれたカードを取り出す二人。


正気の沙汰とは思えない。


手元のドーピングガストドリンクをぶっかけてやろうかと思いましたが、まるで愛娘を自慢するかのような二人の姿を見ているうちに、”俺の立ち入れる世界じゃない”と思い断念。
多分この二人も、一晩中ニコニコで美希動画を見ていた俺の姿を見れば同じような思いを抱くはず。



その後は会話の流れで、新潟駅付近のゲーセンというか笹チャンに移動することに。ちなみにこの時点で夜の11時です。あと一時間で定時放送じゃなかった日付が変わる時間です。
夜だというのに笹チャンは混んでいました。さすが新潟屈指のレベルを誇るゲーセンは違いますね。

とりあえずポップンでもやるかと思い、筐体の前に立ってカードを投入。えーっと100円は……。


ピュインピュインピュインピュインピコーン!
(パスワード認証の音)



( ゚Д゚)


な……なんだ? パ、パスワードが勝手に入力されたぞ!
誰だ、誰の仕業なんだーっ!!

その時、筐体の横には満面の笑みを浮かべるNの姿が。

何をしているんだNーッ! 行為自体はともかくパスワードを知っている訳を言えーッ!!


N「もしパスワードが変わっていないのなら、これかなと思って」


そういうスキルはギャンブルで役立ててください。



お久しぶりです


世間ではGWGWと騒いでいるけど生活が忙しくなっただけで何も変わっていない夜空です。

みなさんお久しぶりです。GW開始直後くらいから家にいる機会がほとんどなかったものですから、当然PCもほとんどいじれませんでした。気が付いたらポップン15の隠し曲たくさん判明しているし、ニコニコ動画で見れるおおきく振りかぶってが面白いことになっているし。


俺が長い間サイトを放置すると、

「夜空の野郎彼女とよろしくやってるな」

とか思っている人が絶対一人はいるはず。
何なんでしょうねもう。何でそれが分かるんだ。

せっかくのGWなんで何もしないのは損だなと思い、彼女といろいろ遊んできましたよ。高速に乗ってちょっと遠出したり、スパイダーマン3を観に行ったり、久しぶりに二人で一緒に酒を飲んだり。
3日に行われた地元の成人式(1月のものとは別)で会った友人は、

「真面目に去年のGWで振られると思ってた」

とか言っていました。ところがどうですか。気が付けば交際一年が経過しましたよ。振られるどころか二人はいつもNA☆KA☆YO☆SI☆なわけですよ。
最近気温が高くなってきたのも、実はアレ俺たちのせいです。
全国の皆さんごめんね、迷惑かけちゃってさぁ!


そんな事を知ってか知らずか、成人式後に行ったカラオケでNが恋人が別れる系の曲ばかり歌っていたのは気のせいでしょうか。
ドルバッキーなんて聞くに耐えませんでした。彼女の前であれを歌ったら俺は絶対に怒られる(汗


っていうかNくんカラオケの選曲おかしいよ。一発目からファミレスボンダーとか頭がおかしいとしか思えない。それに続いて釈迦歌ったりするし、シャウト系が多いと思えばシスプリのOP歌ったりするし……。

まあ俺も他人のこと言えませんけどね。ウルトラマンタロウ→グリーングリーン→ヒトリノ夜という非常にカオスな選曲を披露しましたからね。

でもやはり趣味が同じ人たちと行くカラオケはいいですね。歌うものに躊躇がいらない。大学のメンバーと行くとそれができないからなぁ。最近の歌は全然知らないし聞かないから全く付いていけません。
男がプリキュアや巫女みこナースを全力熱唱とか、そういうのは大学仲間の間では絶対にできないですね。やったら俺学校行けなくなるwww



久しぶりに会ったNは服装に五万以上の金をかけていました。正直凄いびっくり。俺なんて上下合わせて一万以下でおさめるよ。安くて良い商品がある店なんて探せばいくらでもあるよ!

東京という街があいつを変えてしまったのか……。
でもまあ服に気を使うというのはいいことだと思いますけどね。


麻雀の王子さま


気が付いたら一日が終わっている夜空です。GWはバイトとプライベートでの予定がぎっしりなので休まる暇がありません。少しずつでもオリバトを書いていかなければ。


いつの間にか平成も19年目ですね。
平成19年ということはアレですよ。平成元年生まれの平成ベイビーたちが遂に社会という名の広大な戦場へ解き放たれたのですよ。

昭和と平成。この言葉の響きだけで随分違う気がします。昭和63年生まれの弟と平成2年生まれの妹では年が二つしか違わないのですが、昭和生まれ、平成生まれとだけきくと凄い年が離れているように感じられますね。


世の中の会社では今頃、

「君何年生まれ?」と聞いたら
「平成元年の~月です」

という答えが返ってきて愕然としている30代の社員さんが多発している事でしょう。


今はこんな事言っていますけど、そのうち昭和生まれが少数派になる日もくるんですよね。

「えーうそマジ昭和生まれ!?」
「昭和生まれが許されるのは十年前までだよねー」
「キモーイ」
「キャハハハハ」

こんな会話がされていたら俺は泣く。





さて、皆さんは”いただきじゃんがりあんR”というゲームをご存知でしょうか。
ほとんどの方は知らないでしょうね。そして勘の鋭い方はもうお分かりかと思います。


そう、エロゲーです。


あーっと誤解しないで下さい。俺は持ってませんしやったこともありませんよ。意外なようですが俺はエロゲもギャルゲも片手で数えられるくらいしかやったことがありません。今家にあるものはEVER17と東鳩2(PC版)のみ。
ここで様々な事を書いていたので典型的なキモヲタのようなイメージがついていたかもしれませんが、そんなことはありません。俺はいたって普通の好青年です。猫耳をつけて新宿の街中を歩くくらいの常識度です。

おっと、話が逸れてしまいましたね。
このゲームはゲーム中に麻雀で遊べるようになっているんですが、このゲームの麻雀は普通のそれとは少しルールが違います。

俺が見た中で一番驚いたのはこれ。





1筒×12 5筒×3 6筒 7筒


リーチ   1翻
一発    1翻
門前清模和 1翻
ドラ    41翻 
河底撈魚  1翻
三暗刻   2翻
三槓子   2翻
清一色   6翻



ちょwwwwwwドラ41wwwwwwwww


とりあえずこれ麻雀のルールになってないよね。
鷲巣様のドラ12のほうがまだ現実的だよ……。


とまあ、このゲームは現実ではありえないようなとんでもない手が繰り出されてくるそうです。言うなれば麻雀界のテニプリ。ダブルノックダウンで先に立ち上がったほうが勝者だ、とか平気でやります。その牌、消えるよ。とか平然とやってきます。挙句の果てには卓の上に氷柱が突き刺さっています。

ワシのドラは108まであるぞ……。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。